トップ

不動産担保ローンとは

不動産担保ローンで教育費を借り入れ

低金利かつスピーディーにローンを組むには

PR:不動産担保ローンのことなら

息子がようやく医学部に合格しました。これが4回目の挑戦。ずっと頑張ってきたのを近くで見ていたので一安心です。けれども第一志望だった国立の大学は落ちて、受かったのは私立の大学でした。もちろん医者になるには、どちらでも問題はありませんが、学費が全然違います。

6年間の学費は国立で約350万円。息子が合格した私立の大学は約3,000万円でした。ほぼ10倍も違うのです。勉強に専念してもらうためアルバイトはして欲しくないので、仕送りも含めると、さらに1,000万ほどは必要でしょう。

国立に通う前提でお金を準備していたので、手元の貯金では全然足りません。けれども、医者になるのは息子の子供の頃からの夢だったので、父親としては何とかしてでも通わせてやりたいのが心情です。

そこで教育ローンを調べてみましたが、ほとんどの銀行は限度額が500万円か1,000万円でした。3,000万円融資してくれる銀行も2つほどありますが、その営業エリア内に住んでいないと利用できません。

そもそも教育ローンは基本的に保証人も担保も必要ないので、私自身の信用力が問われます。ある程度名の知れた企業に長年勤めており、年収もそれなりに多い方ですが、3,000万円も融資してくれる可能性は限りなく低いでしょう。以前カードローンを作った時も、限度額は300万円でした。これでは私立の医学部に全然届きません。

逆に、担保があるなら融資してくれるかもしれないと思って調べると、「不動産担保ローン」という、まとまったお金を借りられる仕組みがありました。具体的に不動産担保ローンについて調べてみたら、魅力についてこのように紹介しているサイトがありました。

“一般的な無担保ローンに比べ、不動産を担保にできるため、当然ながら金利は安くなります。さらに担保にする不動産の価値によっては、高額な融資を受けることもできるのも、不動産担保ローンの大きな強みです。長期安定的に返済できる場合、非常に魅力的なローンです。
出典
不動産担保ローンのメリット|株式会社テクノプロパティ

使い方は自由なので、教育費以外にも相続税の支払いや、ローンのおまとめにも使えます。私には結婚して間もない頃に買った家があるので、これを担保にお金を借りられそうです。教育ローンよりも金利は高いですが、返済期間が長いので、定年まで働けば問題ないでしょう。万が一、返済できなくなった時は家を手放せばいいのです。私は不動産担保ローンに申し込むことにしました。

不動産担保ローンは銀行だけでなく、信販会社や消費者金融などの「ノンバンク」でも扱っています。金利は高めですが、銀行よりも手続きが簡単で、審査に通りやすいメリットがあります。「ノンバンク」と言えば怪しいイメージがあり、実際に「ヤミ金」など非正規の業者もありますが、優良な業者もたくさんあります。

両方に相談して、私はノンバンクの不動産担保ローンを選びました。不動産担保ローンを利用すると担保の不動産に「抵当権」を設定しますが、私の家はまだ住宅ローンが残っているので、順位が2番目になってしまいます。銀行では難色を示されましたが、ノンバンクでは私の年収を考慮して、2番目でも問題無いと判断してくれました。借入を急いでいたので、用意する書類が少ないのも好都合でした。

無事に学費を収めて、息子は4月から医学生になりました。晴れやかな笑顔を見ていると、不動産担保ローンを利用して良かったと思います。返済は大変ですが、いつか息子が医者になって病気になった私を診てくれたら、それで満足です。